Management & Design Blueprint Blog /

運営メンバーによるデザインと経営に関する記事から、個人的に関心のあることまで、様々なトピックを取り上げます。(メンバー登録すれば誰でもブログをポスト、自由に参加できます。記事内容に合わせて記事の最後に3行PRもOK!

無料でできる、マーケティングオートメーション その3



Mauticを日本語化(画像 © Chris Lawrence@flickr)


 前回(その2)は、とりあえず始めるマーケティングオートメーションとして、「Mautic」の無料クラウドアカウントに登録するまでの手順をご紹介いたしました。


 今回は、いろいろといじってみる前に、「Mautic」の初期設定の変更、「Mauticの日本語化」を取り上げようと思います。




Mauticにログインしよう


 まずは自分のページにログインしましょう。登録後にメールで、Mauticで使用する自分のドメイン(指定したドメイン.martic.net)の通知があったかと思います。こちらにアクセスすると、ログイン画面が表示されます。


Mauticのログイン画面

 ログイン画面に登録時のメールアドレスとパスワードを入力します。すると、自分専用のダッシュボード(Dashboard)画面が表示されます。


Mauticのダッシュボード画面

 完全に英語です。英語でも大丈夫、という人も多いかもしれませんが、左のメニューを見ての通り、専門用語が多すぎてやっぱり不便です。それでは、日本語に切り替えてみましょう。


 と、その前に、自分のドメインがわからない場合は、https://mautic.com からログインできます。が、表示される画面が少々異なります。ざっと下のような流れになりますので、ご注意を。



 少し見にくいかもしれませんが、①https://mautic.comの最上部「LOGIN」をクリック、②メールアドレス・パスワードを入力し「Login」をクリック、③画面真ん中の「https://指定したドメイン.mautic.net」をクリック、でようやくMauticのログイン画面が表示されます。(面倒ですが、再度、メールアドレス・パスワードを入力しないといけません…) 




Mauticの設定を変更して日本語化しよう


 それでは設定を変更して、日本語で使えるようにセットアップしましょう。


Mauticを日本語化しよう:アカウントの設定変更①

 右上に自分の名前が表示されています。その横の「▼」をクリックして、プルダウンメニューから「Account」を選択します。すると、画面が切り替わります。


Mauticを日本語化しよう:アカウントの設定変更②

 この画面の「タイムゾーン(Timezone)」「言語(Language)」を各々「Asia Tokyo」「Japanese」に変更し、右上の「Apply」をクリックします。


Mauticを日本語化しよう:アカウントの設定変更③

 いきなり日本語に変わりました。簡単ですね。一旦、右上の「適用(英語ではApplyです)」をクリックしておきましょう。画面は切り替わりません。


Mauticを日本語化しよう:アカウントの設定変更④

 さらに、設定を変更しましょう。右上「名前▼」の右にある歯車アイコンをクリックして、「Settings(設定)」メニューで変更します。


Mauticを日本語化しよう:設定の変更①

 上から3つ目の「Configuration(設定)」をクリックします。


Mauticを日本語化しよう:設定の変更②

 先程の「Account」の設定変更と同様に、システムデフォルトの「デフォルトのタイムゾーン」と「デフォルトの言語」の設定を、各々「Asia Tokyo」と「Japanese」に変更します。変更が完了したら、「適用」をクリックしてください。


Mauticを日本語化しよう:設定の変更③

 メニューが日本語化されました。これで、使い勝手も向上しますね。


 実は、Mauticを日本語化するのには、こちらのシステムデフォルトの設定を変更すれば、アカウントの設定変更は必要ありません。(アカウントの設定変更前に「System Default Timezone」「System Default Locale」となっていたのを覚えていますでしょうか)


 今回は、言語に関連する設定が2箇所あることを意識してもらいたかったので、わざわざ2箇所の設定変更をご紹介しました。


 ちなみに、私は、システムデフォルトの設定を「Tokyo」「Japanese」にして、アカウントの設定は変更せずに「System Default ...」としています。




Mauticを日本語化して困ること


 日本語化することで、使い勝手はかなり良くなるのですが、一つ困ったことがあります。


 ヘルプは日本語化されていません。ですので、適宜、言語設定を英語に変更したほうが、作業上メリットがある場合があります(例えば、https://mautic.com/help/getting-started-mautic-cloud/ を参照しながら設定を変更したりするとき)。


 その際は、アカウント設定の言語のみを変更するようにすれば良いでしょう。




マーケティングオートメーションに向けて


 ここまで、Mauticを日本語化して使えるようになりました。とはいえ、Mauticをいじれる状態(登録)、いじりやすい状態(日本語化)、にしたに過ぎません。要するに準備編が終わったところです。


 皆さんの目的はマーケティングオートメーションを実践したい、試してみたい、だと思います。次回から、いよいよマーケティングオートメーションの実践に移りましょう。


 本日はここまで、お疲れ様でした。



#mautic #ma

株式会社ブループリントについて


株式会社ブループリントはデザインと経営のコンサルティング会社です。ご相談はinfo@bluepritinc.coまたはお問い合わせページから。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

© 2018 by Design and Management Blueprint Forum. 運営:株式会社ブループリント

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon

blueprint

incorporated